gentamura.com

更新27日目:春の起業祭り 終了にそえて

April 30, 2012

イエイリ春の起業祭り2012 が終了した。

個人的には「意識の高い」人間が当選しないでよかったと思っている。(失礼かな?)

そもそもの思想として、「起業は、思いつきでランダムで始めてもいいものなのだよ」という事を実践することで、

事業が成功(なにを持って成功とするのかは置いておいて)するか否かは別の話。

何よりもこの「祭り」が開催されたことによる発火というか暴発というか、

負け組会の勢いがすごい。

すでにFacebookページには170人以上の人間が集まっています。

イエイリ春の起業祭り2012~負け組の会~

これからの起業は一か八かでとてつもない借金を背負って起業するよりも、 小さな規模でもいいからはじめることが重要だと思う。

以下のエントリーでも家入さんが言っていたが、10万円の収入先を3箇所設ければ、月30万円の生活ができる。

働き方のリスク分散

自分自身の収入のポートフォリオ、つまり給与収入の先を複数持てるような働き方をすれば、

もっともっと人生を楽しめるような気がしてならない。

その一つが小さく立ち上げた事業の収入であってもいいはずだ。

何も東証一部上場しないといけないわけではないし

従業員を1000人雇わないといけないわけではない。

そんながんじがらめの起業ではなくて、

身の丈にあったスタイルがあってもいいんじゃないかということを示唆していると思う。

今回のこの祭りに参加できたことがターニングポイントの一つになり、

ここで出会った人々と何かを成すことがで、世の中に働き方の多様性を示すことができれば、

なおのこと嬉しいと思う。

みなさん、頑張っていきましょう!

おわり。