gentamura.com

更新15日目:潰れるということ

April 17, 2012

真面目に経営に取り組んだ結果、会社を潰すことは経営者にとって恥ではない - やまもといちろうBLOG

会社だけではなく、人への接し方にも当てはまると感じた。

例えば、ホームレス。好き勝手な人生を歩んで、結果ホームレスになった人ばかりではないだろう。一度転落すると這い上がれない空気感が漂っているのは、なにもホームレスばかりの話ではない。

今の日本はすべてにおいて「完璧」を求めすぎている気がする。一食300円の牛丼を提供している店やコンビニ店員の態度の悪さに腹立てる人も、酔った勢いで駅員さんに殴りかかる人も、みんなどこかで完璧を求められて、ストレスをためているんだろう。

すべての人が寛容に受け止められるような世界にカチッと切り替わることがないのならば、少しずつ自分を振り返ってみて、どう振る舞えば世界が変わるの妄想してみてはどうだろうか。殺伐とした空気のなか、凋落していく日本になるなら、あまりにも悲しいことではないだろうか。

会社を潰して、人を潰して、人生を潰して、ではあまりにも救いがないのではないか。

脳天気でバカみたいな日々を過ごす必要はないと思うが、少し「完璧」へのネジを緩めたほうが日々心穏やかに過ごせるのではないかと思う。

おわり。